東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

京急高架下に国内初のトレーラーハウス 宿泊施設やカフェなど

高架下にオープンするタイニーズホステル=横浜市中区で

写真

 横浜市中区の京急線日ノ出町−黄金町駅間の高架下に28日、簡易宿泊施設「タイニーズホステル」とカフェなどが開業する。

 設置者の京急は「高架下のイメージにとらわれない空間をつくり、地域活性化につなげたい」と期待している。

 宿泊施設は、広さ14平方メートルのトレーラーハウスを家族向けと男女別の計3棟設置した。各棟にベッドやシャワー、トイレを備え、定員は各4人。料金は家族なら1棟2万円から、個人は1人4000円から。

 高架下にトレーラーハウスの宿泊施設ができるのは国内で初めて。

 電車の通過時に音がするが、京急の担当者は「眠れないほどひどくはない。小さな家で暮らすシンプルライフを体験して」と勧める。

 カフェでは来月3〜5日に「高架下映画祭」を開催するなど、年間を通じてイベントを予定している。詳細はホームページ(「タイニーズ 横浜」で検索)で。 (梅野光春)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報