東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

本紙ブースで読み聞かせ体験 パシフィコ横浜「こDoもフェス」

写真

 子ども向け体験イベント「やってみる。こDoもフェス」が二十八日、パシフィコ横浜(横浜市西区)で開かれ、家族連れらでにぎわった。ペダルのない幼児用二輪車「ストライダー」の日本代理店を中心とする実行委員会の主催。東京新聞もブースを出展し、多くの親子が大型絵本の読み聞かせなどを楽しんだ。

 イベントは、小さな子どもたちが普段できないことに挑戦し、「Do=やってみる」ことの大切さを学ぶのがテーマ。ストライダーのアクロバティックな乗り方ができるコーナーや、約四十の企業・団体が提供するものづくり体験ブースなどが並んだ。

 東京新聞ブースでは、本紙のキャラクター「チョウカンヌ」のぬりえや間違い探しに子どもたちが挑戦。本紙主催の「東京新聞こどもブックワールドおはなし会」で活躍する読書アドバイザーが大型絵本の「だいおういかのいかたろう」(鈴木出版)などを読むと、子どもたちが真剣な表情で聞いていた。絵本にちなんだ「いかダンス」も踊った。

 藤沢市の竹内百亜(ももあ)さん(9つ)は「絵本がおもしろかった」。母親の百亜奈(もあな)さん(43)は「家にある本も、大型絵本だと迫力があって良かった」と話していた。 (奥野斐)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報