東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

<町の資料館>電車とバスの博物館(宮前区) 歴史に触れ 運転を体験

CG映像で運転が楽しめる東横線CGシミュレータ=宮前区で

写真

 東京急行電鉄(東急)の創立六十周年を記念し、一九八二年、東急田園都市線高津駅の高架下に開館したのが始まり。二〇〇三年、現在の宮崎台駅の高架下に移転。その後、リニューアルを経て現在の形となった。電車やバスの運転を体験したり、歴史に触れたりできるため、子どもから大人まで楽しむことができそうだ。

 同駅の改札口を出ると、正面に入り口があり、アプローチを通ってA棟へ。駅同様に切符売り場と改札口(入館口)があり、切符(入場券)を買って最上階の四階から館内に入る。

 階段を下りた三階はパノラマワールド。「東急ヒストリー」のコーナーでは、東急の歴史を映像やパネルで紹介。歴代車両の模型が並ぶ。隣の「パノラマシアター」は、歴代の車両がスクリーンで紹介され、その模型がジオラマの中を走る。それを熱心に見つめる親子連れらの姿が見られた。

 同じフロアではまた、昭和の時代の高津駅を再現。当時の運賃表や、行き先ごとに作られた切符を見ることができる。開業当時の古い車両の中に年代物から現代までの鉄道雑誌が並ぶ「ミニ・ライブラリー」は、ふかふかなシートに座ってゆっくり書物を読める。

 二階以下は体験コーナーだ。二階の「ゾーン3450」は、かつて通勤電車として活躍したデハ3450形の電車を展示。車輪などを運転室から操作し、電車が動く仕組みを体験できる。

 一階の「8090系運転シミュレーター」は、映像を見ながら、電車を運転する感覚を楽しめることから、一番人気という。当日予約制で一回三百円。東横線の運転を体験する「東横線CGシミュレータ」もある。

 そのほか一階では、昔走っていたバスの「東急コーチ」に乗り、運転席に座って映像を見ながら運転体験もできる。バス独特の大きなハンドルをさばく醍醐味(だいごみ)が味わえる。

 道路を挟んで向かい側にあるB棟では、「プラレール」で遊んだりできる。

 昨年の大型連休中は一日の入館者が千三百人を超えた日もあり、古山昌明館長は「ゴールデンウイーク中は混雑が予想されるので、時間に余裕を持って来館してほしい」と話している。(安田栄治)

 <電車とバスの博物館> 宮前区宮崎2の10の12。開館は午前10時〜午後4時半(入館は4時まで)。休館日は木曜日(3日は開館)。入館料は大人200円、中学生以下100円、3歳未満無料。5日のこどもの日は入館者全員に「オリジナル電車缶バッチ」をプレゼント。問い合わせは電車とバスの博物館=電044(861)6787=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報