東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

マリンタワーお色直しへ 来年から運営業者も新たに公募

来年、改修工事に入る横浜マリンタワー=横浜市中区で

写真

 横浜マリンタワー(横浜市中区)は来年四月から、一年かけてお色直しをする。鉄塔部分の潮風で傷んだ銀色塗装を十年ぶりに改修。二〇二〇年度以降の運営事業者を公募で選び直し、現在はレストランなどが入る低層部も、新しい営業スタイルに合わせた内装にリニューアルする。

 マリンタワーは開港百周年記念事業の一つとして、民設民営で一九六一(昭和三十六)年に開業した。利用客減で〇六年にいったん休業し、〇七年に市が土地と建物を取得。〇九年から十年契約で施設を借りた民間事業者が、展望フロアやレストランなどを運営している。

 契約は来年三月で切れるため、市は年内に公募で三〇年度までの運営事業者を選ぶ。担当者は「マリンタワーにとどまらず、眼前の山下公園通り全体の活性化につながる提案を募集する」と説明する。改修工事に入る来年四月以降も、展望フロアの営業はできる限り続けられるよう検討する。

 次の契約が切れる三一年度は、マリンタワー開業七十年の節目になる。市の担当者は「七十年は建て替え時期の目安。老朽化が進み、存続の可否を考える必要が出てくる」としている。 (梅野光春)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報