東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

県考案のキャラ「ミビョーマン」 県庁などで「未病改善」PR

写真

 病気になる手前で対策を取る「未病改善」の考え方を広めようと、県が制作したヒーロー「ミビョーマン」のナイロン製スーツが三日にお披露目される。

 午後二時から、ゴールデンウイークのイベントとして県庁本庁舎を全館公開するのに合わせ、正面玄関前で「ミビョーマンショー」を開く。未病の考え方をラジオ体操やクイズ、トークでPRし、最後に紙製のミビョーマンお面を配る。

 同日午前に山下公園(横浜市中区)前を出発する国際仮装行列「ザよこはまパレード」にも参加する。

 県は三月、「ださくて少し気持ち悪いヒーロー」としてミビョーマンを考案。県のPRアニメでしか見られなかったため、三十万円かけてスーツを作ることにした。

 黒岩祐治知事は「アニメと同じイメージの完成度」と絶賛する一方、肝心の未病改善の成果については「数値化が難しく、国際的枠組みで指標作成を進めている」と述べるにとどまった。 (志村彰太)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報