東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

試験場の新庁舎完成 運転免許センターに 旭区・きょうから業務

6日から業務が始まる運転免許センター=旭区で

写真

 隣接地で建て替え工事を進めていた県警の自動車運転免許試験場(横浜市旭区)の新庁舎が完成した。「運転免許センター」と名称を変えて六日、業務を始める。免許の更新は二階、免許の新規取得は三階ですべての手続きをでき、利用しやすくなる。

 新庁舎は鉄骨四階建てで、延べ床面積は二万六千平方メートルと、従来の一・六倍に広がる。総建設費は百三十一億円。年間八十万人の利用を見込む。

 子育て世代の利便性向上に配慮し、講習室内に防音設備を施した「親子ルーム」を設置。免許更新の際、乳幼児と一緒に講習を受けられる。乳幼児を預けられる託児所(無料、要予約)も設け、六月ごろに運営を始める。

 これまでの庁舎は一九六三年に完成。老朽化により県警は二〇一三年、民間資金を活用するPFI方式での建て替えを決めた。 (加藤益丈)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】