東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

3店と1品、新たにお勧め 海老名市の「名店・名産品」に追加

新たに「えびなの名店・名産品」に認定された店の店主ら=海老名市役所で

写真

 海老名市にあるお勧めの店と商品を市が認定する「えびなの名店・名産品」に三店と一品が追加された。

 名店に加わったのは、隠れ家的カフェ「海老寿(えびす)cafe」(中央)、和食レストラン「蔵元佳肴(かこう)いづみ橋」(扇町)、洋菓子店「パティスリー タダシヤナギ」(国分寺台、中央)。同店の「苺のショートケーキ」が名産に追加された。

 認定は昨年、市内の店と商品のブランド力を高めて活性化につなげようと始まった。一般市民の投票と、専門家でつくる選考委員会による選定で、昨年は十店と十品を認定した。

 認定期間は三年。店などに公認ステッカーを付けられ、PRなどに充てる助成金が最大十万円支給される。 (井上靖史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報