東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

米軍施設返還への活動紹介 18年版の「横浜市と米軍基地」発行

写真

 横浜市に四カ所ある米軍施設の返還を求める動きについて、市民に理解を深めてもらおうと、市基地対策課は二〇一八年版「横浜市と米軍基地」を発行した。市は毎年夏、四施設の返還を求め、国に申し入れをしている。

 四施設は、米軍の燃料補給を担う「鶴見貯油施設」(鶴見区)、物資搬入拠点「瑞穂ふ頭/横浜ノース・ドック」(神奈川区)、かつて米軍関係者が住んだ「根岸住宅地区」(中区など)、米軍関係者の住居などがある「池子住宅地区及び海軍補助施設」(金沢区、逗子市)。

 接収後の経過を紹介するとともに、一五年に返還された「旧上瀬谷通信施設」(瀬谷区、旭区)に国際園芸博覧会の誘致を目指す動きや、日米地位協定などの資料も盛り込んだ。

 A4判百八十ページで七百五十部発行。市役所一階市民情報センターで五百円で販売している。同課のホームページからは全文を無料でダウンロードできる。 (梅野光春)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報