東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

鎌倉文学館「明治150年」で特別展 近代の作家に焦点

明治の作家の心情などを紹介している特別展=鎌倉市で

写真

 明治時代が始まって百五十年を記念した特別展「明治、BUNGAKUクリエイターズ」が鎌倉市長谷一の鎌倉文学館で開かれている。日本の近代文学黎明(れいめい)期の作家たちの葛藤を描いた高橋源一郎さんの小説「日本文学盛衰史」を基に展示を構成し、関連資料約百点を集めた。七月八日まで。

 展示では、話し言葉に近い言葉で書く「言文一致」の初の小説とされる「浮雲」などで知られる二葉亭四迷(一八六四〜一九〇九年)を、「『自由な散文』による革命」と題して紹介。四迷の死に際し、島崎藤村(一八七二〜一九四三年)が「氏は芸術家であると同時に、改革者の精神をも兼ね具(そな)へた人である」と悼んだ追悼文などが並ぶ。

 「二葉亭の『革命』の意味を知る数少ない作家」として紹介されているのは、森鴎外(一八六二〜一九二二年)。自らの母と妻の嫁姑(しゅうとめ)関係をつづり、鴎外初の言文一致の小説とされる「半日(はんじつ)」の原稿などが展示されている。石川啄木(一八八六〜一九一二年)が鴎外に宛てた手紙などもある。

 同館の担当者は「明治は、小説の言葉も内容もそれまでとはガラッと変わった。互いに刺激し合った文学者たちのエネルギーや面白さを知ってほしい」と話す。期間中、十八日と七月二日は休館。問い合わせは同館=電0467(23)3911=へ。 (北爪三記)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報