東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

県内企業 女性社長7.38% 全国平均より若干低め

 民間調査会社の帝国データバンク横浜支店は、県内六万二千社のうち、今年四月時点の女性社長は7・38%で、全国平均より0・4ポイント低いと発表した。一九八八年の4・12%からは増えたものの、ペースは鈍い。支店の担当者は「女性が働きやすい環境整備が企業に求められる」と話している。

 保育所(44・7%)、料理教室などの「個人教授所」(29・5%)、美容業(27・7%)で女性社長・代表の比率が高い半面、建設業(4・56%)や製造業(5・02%)は低い。比率が低い業種は、そもそも女性従業員も少ないという。

 女性社長の比率は小規模な企業ほど高く、年商百億円以上では1%に満たなかった。担当者は「両親や夫など創業者からの事業承継で社長になる女性が多い。普通に入社する企業では結婚や子育てで休職や離職をし、昇進しにくいのでは」と指摘している。 (志村彰太)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報