東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

「差別的言動の可能性」 中止の講演会映像 市長が確認

記者会見する福田紀彦市長=市役所で

写真

 川崎市川崎区の市教育文化会館で三日に計画されていた講演会がヘイトスピーチに反対するために集まった人々の抗議活動で中止になった問題で、福田紀彦市長は十九日の定例記者会見で、講演会場にいた人物の発言が「不当な差別的言動の可能性がある」と明らかにした。十八日に映像で確認したという。

 福田市長は公的施設でのヘイトスピーチを未然防止する市のガイドラインに照らして、講演会の主催者側に今後も施設を貸し出すかどうかの判断材料にする考えを示した。

 市人権・男女共同参画室によると、映像には講演会が予定されていた同会館会議室にいた人物が、「ゴキブリ」などと言う様子が写っていたという。

 市は今年三月末、ヘイトスピーチが行われ、他の利用者に迷惑を及ぼすことが明らかな場合に限り、公的施設の貸し出しを不許可にできるガイドラインを施行。今月三日の講演会にはガイドラインを適用せず貸し出しを許可した。 (大平樹)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】