東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

ヘリも出動 犯人追跡 県警と警視庁 ニセ電話詐欺対応で訓練

合同訓練で犯人役の麻生署員(中央)を取り押さえようとする県警と警視庁の警察官ら=青葉区のこどもの国駐車場で

写真

 多発しているニセ電話詐欺事件に迅速に対応しようと、県警と警視庁の合同訓練が二十七日、行われた。企画した麻生署に加え、隣接する青葉署(横浜市)や警視庁町田署(東京都町田市)などの約百人が参加した。

 訓練は川崎市麻生区内の金融機関でニセ電話詐欺事件が発生したとの想定。タクシーで逃走し、途中から仲間の車に乗り換えた犯人役の警察官を県警航空隊のヘリコプターが空から追跡。自動車警ら隊などとの連携で、横浜市青葉区の「こどもの国」の駐車場に追い込み、確保した。

 訓練を終えた麻生署地域課の前田秀雄課長は「複数の署などが関連する事件が発生した場合は、連携しなければ対応できない。迅速かつ的確に行うためにもこういう訓練は大切。実際の事件でも、連携して対応できる手応えをつかめたと思う」と満足そうに話した。 (安田栄治)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】