東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

プロレスで横須賀を元気に 海軍カレータイガーら熱戦 しょうぶ園で来月7日

「街を盛り上げる力になれれば」と意気込む海軍カレータイガー=横須賀市で(ココロ・ワークス提供)

写真

 横須賀市の活性化を目指すイベント「横須賀プロレス」が来月七日午前十時から、横須賀しょうぶ園(阿部倉)で開かれる。ご当地グルメにちなんだ覆面レスラー「海軍カレータイガー」らがリングに登場し、熱戦を繰り広げる。観戦無料。

 手掛けるのは、プロレスラーでミュージシャンの矢口壹琅(いちろう)さんが代表を務めるイベント会社「ココロ・ワークス」(横浜市瀬谷区)。これまで静岡県沼津市や三浦市などで同様のイベント運営に携わり、三崎まぐろをモチーフにした「ザ・本マグロック」など、その地にゆかりのあるレスラーを登場させてきた。

 今回は海軍カレータイガーのほか、地元の観光名所から名前を取った「猿島KID」「しょうぶ園美(そのみ)」ら十人以上が参加。タッグマッチや、多数のレスラーが一度に戦う「バトルロイヤル」形式を含む五試合程度を行う。

 イベントで誕生したご当地レスラーは今後、市内の各種イベントのPRキャラクターとしても使われる。矢口さんは「やられても何度でも立ち上がる、決して諦めない姿がプロレスの魅力。見る人に元気になってもらい、街おこしの力になれれば」と語った。

 スペシャルゲストとしてダンプ松本さんが参加。試合前には、子どもが対象のプロレス教室もある。問い合わせは同園=電046(853)3688=へ。 (福田真悟)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報