東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

強制不妊 462人以上 49〜83年に669人手術

 旧優生保護法(一九四八〜九六年)下で障害者らへの不妊手術がされた問題で、県は二十九日、県内では四九〜八三年に六百六十九人が不妊手術を受けていたと発表した。内訳は女性五百七十七人、男性九十二人で、少なくとも四百六十二人は本人の同意がない強制手術だった。県は同日、国に調査結果を報告した。 (志村彰太)

 強制手術については記録に年齢の記載があり、当時十二〜四十二歳。二十歳未満が百二十五人いた。四百六十二人のうち五十五人は氏名が分かり、四十六人は住所も記されていた。

 県の「衛生統計年報」に載っていた手術人数と、県立公文書館が保管している手術申請書の人数を合計した。手術理由は「遺伝性疾患」「らい疾患(ハンセン病)」「遺伝性以外の精神疾患」だった。 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報