東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

いくつ知ってる?秦野の逸品 紹介冊子を4000部制作

写真

 秦野市の農商工関係者らでつくる「はだのブランド推進協議会」は、優れた地元産品を紹介する冊子「はだのブランド2018」を制作した。四千部印刷。市役所や各事業所で無料配布し、同ブランドのホームページでも閲覧できる。

 冊子はB5判十八ページ。名物の桜や落花生などをイメージしたドーナツ、ミネラルが豊富な黒いうどんといった食品のほか、地元木材を使った斬新な行燈(あんどん)、環境に配慮したタングステン製の釣り用ルアーなど、計三十五点を紹介している。

 各業界の逸品を秦野全体のブランド品として売り出す試みで、二〇一二年度にスタート。学識経験者ら十人でつくる審査会が販売実績や独自性などから選んでいる。

 問い合わせは市産業政策課=電0463(82)9646=へ。 (西岡聖雄)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報