東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

ポケモンGOで横須賀PR 来月29日から5日間 応募 きょうから

「ゲームをきっかけに横須賀を訪れて」と呼び掛ける上地克明市長=横須賀市で

写真

 スマートフォンの位置情報を使った人気ゲームアプリ「ポケモンGO」のレアキャラが出現するイベントが八月二十九日〜九月二日、横須賀市で開かれる。主催する市は「ゲームをきっかけに自然やグルメなど横須賀の魅力を感じてほしい」と期待する。

 会場は三笠公園(稲岡町)とヴェルニー公園(汐入町)、くりはま花の国(神明町)の三カ所。参加希望者は、五日間のうちいずれか一日を選んでインターネットの特設ページ(yokosuka−go.jpで検索)から今月六〜二十日に応募する。計十万人程度を受け入れ予定で、応募多数の場合は抽選。

 参加者には、バーコード付きのメールが送られる。アプリを起動させ、紙に印刷したバーコードなどを会場の特定の場所でスマホに読み取らせると、「トロピウス」など珍しいキャラが画面に現れるようになる。

 ポケモンGOは地域おこしなどに活用される一方、脇見運転による交通事故や歩きスマホが社会問題になっている。対策として、今回はレアキャラの出現エリアを会場内に限定し、付近に警備員を配置する。

 問い合わせは市観光課=電046(822)8124=へ。 (福田真悟)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報