東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

高津・大山街道「暮らす、訪ねる」 20年後を考えて あすフォーラム

車などが行き交う大山街道=高津区で

写真

 川崎市高津区の大山街道周辺の活性化に取り組む同区役所などは十一日、市民がまちづくりについて意見交換する「大山街道アクションフォーラム」を大山街道ふるさと館(同区溝口三)で開く。

 区によると、大山街道は江戸時代、江戸から大山阿夫利神社(伊勢原市)に参拝するため整備され、宿場町として栄えた歴史がある。

 同フォーラムは本年度、三回開く予定。一回目の今回は、二十年後を見据えて「暮らして安心 訪ねて楽しい大山街道」を実現するため、地域住民らに参加してもらい、未来の町づくりについて話し合う。横浜国立大学大学院都市イノベーション学府・研究院の野原卓准教授の講演も行われる。

 開催(予定)は午後六時半〜同八時四十五分。参加は、事前予約制で先着六十人まで。無料。問い合わせは同区役所地域振興課=電044(861)3133=へ。 (安田栄治)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報