東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

猿島でディスコ 横須賀市も後押し 毎週土曜日9月8日までビーチで踊ろう

DJブースの前で踊る参加者ら=14日、横須賀市で

写真

 東京湾唯一の無人島・猿島(横須賀市)のビーチで、DJらの音楽を聞きながら飲食や踊りなどを楽しむイベント「トロピカルディスコ」が始まった。九月八日まで毎週土曜に開かれる。市は、普段は滞在できない夜間も島を開放し、夕焼けや夜景をバックに繰り広げられるパーティーを後押しする。 (福田真悟)

 主催は「エイベックス・エンタテインメント」(東京都港区)。ビーチにDJブースとイスを設置し、ビールやシャンパン、食べ物などが買える出店を近くに構える。時間は午後四〜九時。開催日は、島から対岸の桟橋に戻る船の最終便(通常は午後五時発)を午後九時四十五分発にする。

 初日の今月十四日は、スペイン・イビサ島を拠点に活動する世界的に有名なDJホセ・パディーヤさんらが登場。参加した約四百人はブースの前で踊ったり、ビーチに寝そべったりと、思い思いの時間を過ごしていた。

 同社は二〇一六年から豊洲や六本木などで同様のイベントを開いてきた。音楽などを用いた町おこしに市が力を入れていることもあり、猿島でのイベントが実現した。同社の担当者は「猿島は海と対岸の街並みの眺めが素晴らしく、都心にも近い。日本になかなかない場所で実施できて、市に感謝したい」と話した。

 イベントを記念し、市内九つの飲食店は、参加者が飲食すると特製コースターをプレゼントしている。

 チケットは前売り二千円(当日二千五百円)で、乗船料など千八百円が別途必要。問い合わせとチケット購入はキョードー東京=電0570(550)799=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報