東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

大涌谷の噴石防止シェルター 観光名所の散策路、来秋の再開目指す

2階が展望台になっているシェルター=箱根町で

写真

 箱根火山の火口近くにある散策路「大涌谷自然研究路」(箱根町、総延長600メートル)に、県が計画する噴石防止用シェルター7基のうち、3基が完成した。残る4基は近く着工する。

 2015年6〜7月に箱根火山が小噴火。活動の沈静化を受け、ロープウエーの大涌谷駅周辺は16年7月から日中のみ立ち入れるようになった。散策路は周辺に避難できる建物がないとして閉鎖が続いており、シェルターの整備が終わる来秋の通行再開を目指す。

 シェルターは鉄筋コンクリート製で、厚さ25センチ。直径30センチの噴石に耐えられる。定員30〜300人の4タイプあり、計780人が一時避難できる。人数分のヘルメットも備える。大型の2基の2階は展望台にし、平時は富士山の眺望ポイントになる。

 今回は、02年に起きた土石流により壊れた散策路往路の一部も合わせて改修する。 (西岡聖雄)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報