東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

葉山町、群馬・草津町 姉妹都市締結50周年 さらなる友好親善誓う

宣誓書を手に握手を交わす黒岩町長(左)と山梨町長=葉山町で

写真

 葉山町と群馬県草津町が姉妹都市を締結して五十周年になるのを記念し、さらなる友好親善を進めることを確認する宣誓書の調印式が二十七日、葉山町福祉文化会館であった。葉山町民や、親善水泳教室のため同町を訪れていた草津町民ら計約百七十人が参加した。

 両町は、明治時代に東京大医学部で教えたドイツ人医師ベルツ博士(一八四九〜一九一三年)が訪れ、それぞれ保養地、温泉地として知られるようになった。その縁で六九年三月、姉妹都市になり、葉山の海、草津の山という特色を生かして夏は水泳教室、冬はスキー学校に互いの町民が参加するなどしている。

 調印式で、葉山町の山梨崇仁町長は「たくさんの交流を重ねた五十年に感謝し、これからの五十年を次の世代に伝えていけたら」とあいさつ。草津町の黒岩信忠町長は、今年一月の本白根山噴火などに触れ「葉山の皆さんから激励をいただき心強かった。これからも両町手を携えて進んでいきたい」と話した。 (北爪三記)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報