東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

県立大船フラワーセンター夜間開園 18、19、25、26日

ツキミソウ=同センター提供

写真

 日中の厳しい暑さを避けて園内を楽しんでもらおうと、県立大船フラワーセンター(鎌倉市岡本)は十八、十九、二十五、二十六日の四日間、夜間開園する。閉園時間を通常より三時間半延ばし、午後八時半まで(最終入園は午後八時)とする。

 夜間開園では、夕方に花が開き、朝にはしぼんでしまうツキミソウや、夜に花の香りが強くなるイランイランなどを楽しめる。担当者は「夜ならではの植物の姿を楽しんで」と呼び掛ける。園内のカフェも午後八時二十分まで営業する。夜間開園は雨天中止で、中止の場合はホームページに掲載する。

 入園料は二十歳以上(学生除く)四百円、学生・二十歳未満二百円、高校生・六十五歳以上百五十円、中学生以下・障害者無料。問い合わせは同センター=電0467(46)2188=へ。 (北爪三記)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報