東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

アオウミガメの子 新江ノ島水族館で展示始まる

4日に生まれたアオウミガメの子(新江ノ島水族館提供)

写真

 新江ノ島水族館(藤沢市)は20日、4日に誕生したアオウミガメの子ども5匹のうち、えさを食べるようになった1匹を2階ペンギンプール前で展示し始めた。

 同館によると6月15日、展示施設「ウミガメの浜辺」で、雌の「のんき」が産卵したのを確認。今月4日、産卵した76個のうち5個がふ化した。誕生時は全長約6センチ、甲の長さ約4.5センチ、体重約22グラム。同館でのアオウミガメの飼育下繁殖は、2013年にウミガメプールに併設された砂浜で成功したのに続き2例目だった。

 アオウミガメは、国内では伊豆諸島や小笠原諸島などで産卵することが知られる。本州沿岸の自然下では通常、産卵せず、同館が把握している範囲では、東日本の水族館でも飼育下繁殖に成功したのは唯一。同館は「かわいらしい姿をぜひ見に来て」としている。

 入場料は大人2400円など。問い合わせは同館=電0466(29)9960=へ。 (吉岡潤)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報