東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

新たな絆を育む場に 井田中に寺子屋 市内40カ所目

先月31日に新たに始まった「寺子屋井田中」=中原区の市立井田中学校で

写真

 川崎市中原区の市立井田中学校(井田杉山町)に、地域住民が子どもたちの学習を放課後に支援する「寺子屋」が新たに開講した。市が2014年度に始めた地域の寺子屋事業の一環で、市内の小中学校で40カ所目。寺子屋で学ぶ子どもたちとともに、先生の大人たちも試行錯誤しながら、交流をはぐくむ場になっている。 (石川修巳)

 「寺子屋井田中」と銘打った一時間の学習教室は先月三十一日に開講し、初日は同校一〜二年の生徒十八人が参加。教える側は元中学教諭や民生委員・児童委員らのほかに、市の「寺子屋先生」養成講座を受けた地域住民たちも加わり、どう分かりやすく教えるかに苦心していた。

 「六十五歳で定年になり、これまで自分の好きなことをいっぱいやってきたから、次は社会の役に立つことをしたいと思って」

 寺子屋先生になった理由をそう明かす間多(まだ)均さん(70)は、電子工学を専門とする元大学教授。初日を振り返って「教えることよりも、若い人たちと話すのが楽しい」と語った。

 会社員の円地(えんち)浩昭さん(58)も「二年後の定年を考えて、(寺子屋先生として)新しいかかわりができるかなと思って」と説明。「数学を教えるのは中学二年ぐらいまでが限界かな。私も勉強しないと」

川崎市教委「地域の寺子屋事業」のイメージキャラクター「寺ッコ」

写真

 この寺子屋は今後、英語と数学を中心に定期試験前に合わせて学習教室を開くという。初日の教室終了後、寺子屋先生たちは「また来たい、と言ってくれた」「学力が伸びたら(教える側の)私もうれしい」と手応えを口にした。

 「寺子屋井田中」実行委員会の委員長で、地元町会長も務める竹井斎(ひとし)さん(62)は「地域の大人も子どもも新しい関係づくりができる。学校や学習塾のほかに、いろんなタイプの学びの場所があっていい」と話している。

 市教育委員会によると、市内すべての市立小・中学校に寺子屋の開講を目指している。現在は小学校百十三校のうち三十七カ所、中学校は五十二校のうち、井田中を含めて三カ所にとどまる。地域の担い手確保が課題になっており、市教委は養成講座などを開いて協力を呼びかけている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報