東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

行政手続きなど電子化へ 県と鎌倉市、LINEと連携協定

協定を結んだ(左から)LINEの出沢社長、黒岩知事、松尾市長ら=県庁で

写真

 県と鎌倉市は4日、無料通信アプリの運営会社「LINE(ライン)」(東京都新宿区)と、それぞれ包括連携協定を結んだ。同社のアプリを活用し、行政手続きの電子化や税金納付などのキャッシュレス化、会員制交流サイト(SNS)での相談事業などに取り組む。

 協定で県は、SNSを使った児童虐待防止や、子どもの貧困対策などの相談事業のほか、同社の子会社が運営する決済アプリ「LINE Pay(ラインペイ)」による自動車税納付、健康情報などを閲覧できる県のアプリ「マイME−BYO(みびょう)カルテ」の普及などを目指す。

 鎌倉市は、転入転出などの行政手続きの電子化や、住民票取得などの手数料支払い、鎌倉文学館などでの料金支払いのキャッシュレス化などに取り組む。

 県庁での締結式には、黒岩祐治知事と松尾崇市長、LINEの出沢(いでざわ)剛社長らが出席した。黒岩知事は「県民サービスのさらなる向上を図りたい」、松尾市長は「市民が豊かに生活できるようけん引する役割を担いたい」とあいさつ。出沢社長は「まずは地域情報発信の充実強化を目指して、先駆的な取り組みを連携して行っていきたい」と話した。 (北爪三記)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報