東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

藤沢の南市民図書館が百貨店内に暫定移転 市、来年7月から

 藤沢市は、南市民図書館(鵠沼東)を来年七月から藤沢駅南口の小田急百貨店藤沢店六階へ暫定的に移す。施設の老朽化に伴う再整備に向けた措置で、来年四〜六月に休館して移転する。同駅北口の商業ビル内の市民ギャラリーも同じフロアに移す。市議会子ども文教常任委員会で報告した。

 市生涯学習総務課によると、図書館は一九六三年に開館。隣接する市民会館を含めて再整備する計画の内容が決まらないため、暫定移設の候補地を探していた。市民ギャラリーは来館者数の伸び悩みや高額な賃借料が課題で、図書館との複合化による集客効果、賃借料削減の狙いがある。

 現在の利用面積は図書館約千三百平方メートル、市民ギャラリー展示室約五百四十平方メートル。同百貨店のフロアは約千九百平方メートルある。 (吉岡潤)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報