東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

途上国、観光支援の歩み JICA、中区で企画展

観光分野での事業をパネルで紹介している企画展=中区で

写真

 途上国の支援に取り組んでいる国際協力機構(JICA)の観光分野での事業を紹介する企画展「妄想世界旅行−世界の宝をいかす国際協力」が横浜市中区のJICA横浜で開かれている。入場無料で12月2日まで。 (福浦未乃理)

 同展では、アジアやアフリカなどの事例を二十一点のパネルで紹介している。ベトナムでは、国立公園に指定された高原地帯に住む少数民族コホ族を支援するため専門家を派遣。地域をよく知るコホ族がガイドに就いて自然環境に配慮した観光を担い、生活の質が向上する仕組みを考えた。

 企画展を担当する青年海外協力協会の石山可奈さんは「住民が主体的に担うのが大切。旅行で訪れる観光地に、日本とのこうした関わりがあることを知ってもらえれば」と話した。

 十月十三日午後二時〜三時半には、青年海外協力隊などで活動した五人が経験を話す会がある。定員二十人で申し込みは同月五日まで。問い合わせはJICAプラザよこはま=電045(222)7161=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報