東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

「ハイスクール・フリート」の舞台 知られざる横須賀 写そう

景勝地を撮影したフォトコンテストの投稿例

写真

◇横須賀市がフォトコン 来月21日までツイッターで募集

 横須賀市が舞台のアニメ「ハイスクール・フリート」にちなみ、市などは短文投稿サイト「ツイッター」を活用したフォトコンテストを来月21日まで実施している。作品に登場する「聖地」と呼ばれる場所をはじめ、市内の景勝地やグルメなどの写真をファンらに投稿してもらい、観光地としての魅力発信につなげる狙いだ。

 テーマは「知られざる横須賀の魅力的な風景」。参加者は、市内で撮ったお気に入りの写真に「#はいふりフォトコン」のハッシュタグ(検索目印)を付けて投稿する。市は入賞作品として10枚弱を選び、観光課の情報誌「横須賀Vita−amine」の最新号(11月発行予定)に掲載する。

 ハイスクール・フリートは、横須賀の海洋学校に通う少女たちが、日本の国土が水没した後の海の安全を守る−という設定。一昨年春にテレビ放送されて以来、ファンが横須賀を訪れ続け、登場人物が好きなご当地グルメを食べ歩くスタンプラリーを実施するなど、市内の飲食店などが街おこしに活用してきた。

 コンテストに合わせ、よこすか平安閣(本町)で11月23日午後1時から、作品に出演している声優の中村桜さんと阿澄佳奈さんのトークショー(定員200人)が開かれる。抽選制で、希望者は同月12日までに市の観光情報サイト「ここはヨコスカ」で申し込む。問い合わせは市観光課=電046(822)8124=へ。 (福田真悟)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報