東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

なまはげが横浜に登場 きょうから2カ所で秋田PRイベント

観光物産展のPRに東京新聞横浜支局を訪れたなまはげ(左)と佐藤会長(中)ら=横浜市中区で

写真

 秋田県に伝わる「なまはげ」が登場するイベントが十二〜十四日、横浜市で二件開かれる。

 瀬谷区の三ツ境駅に隣接する「相鉄ライフ 三ツ境」三階催事場では、同県仙北市などが観光物産展「山の楽市」を開催。いぶりがっこやきりたんぽ、稲庭うどんといった特産品が並ぶ。各日午後一、三、五時に駅コンコースになまはげが登場し、写真撮影ができる。東京新聞横浜支局へPRに訪れた田沢湖物産協会の佐藤生治会長は「地元でしか食べられない独特の味を楽しんでほしい」と話す。

 金沢区の横浜・八景島シーパラダイスでは、「こでられね〜秋田大集合2019」を実施する。昨年十一月に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された同県男鹿市の「男鹿のナマハゲ」が太鼓を実演。「男鹿水族館GAO」から秋田を代表する魚「トクビレ」「ハタハタ」などを借りて特別展示するほか、観光物産展や秋田犬と触れ合えるコーナーなどもある。

 問い合わせはシーパラダイス=電045(788)8888=へ。 (上田千秋)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報