東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > 暮らし一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【暮らし】

<生きる支える 心あわせて>俳優と介護職と(上) 望んでいた「両立」の道

「今日も元気でいきましょう!」。デイサービスのレクリエーションを巧みな話術とアクションでリードする北原佐和子さん=千葉県船橋市の学研ココファン西船橋で

写真

 サイドヘアを外巻きカールにした女の子が、正方形の写真の中で愛らしく小首をかしげている。

 「一九八二年に私、歌手デビューしました。これがレコードジャケットの写真。ですが、本当は歌は得意じゃなかったんです」

 千葉県船橋市のデイサービス施設。集まった二十人余の高齢者を前に、オレンジのポロシャツを着た北原佐和子さん(52)が、投影機を使って自己紹介を始めた。

 元アイドルで現役俳優、そして介護福祉士。この日は、レクリエーションを担当した。前半は、時代劇で共演した大物俳優との裏話を織り交ぜながら、互いの思い出を語り合うことで脳を刺激する「回想法」を実践。後半は手ぬぐいを使った体操を指導した。細い体でクルクルと動き回る。アイドル時代と変わらない大きな瞳もクルクル。「話や体操の進行が上手。楽しかったあ」。利用者の金子アイさん(85)はほほ笑んだ。

 埼玉県でサラリーマン家庭に育つ。三人きょうだいの一番上。気持ちも体も弱い子だったが、両親は厳しく「抱き締められた記憶もありません」。家庭に居場所が見つけられない中、高一の時、友人と応募したティーン雑誌の読者モデルに選ばれ、芸能事務所入り。同僚の女の子三人でアイドルグループを結成してから人気に火が付き、十八歳でソロレコードデビューすると、CMの契約申し込みが三十本近く殺到した。

 「大人たちが全部お膳立てをして、運転手付きの車で仕事に行く。有頂天でした。ただ、歌や芝居をきちんと習ったわけでなく、自分に中身がないのを知っていたから怖くもありました」

 不安は間もなく現実になる。人気に陰りが見え始めると「周囲の人たちがスーッと離れ」、三年後にレコード会社との契約も切れた。テレビドラマなどの俳優業は続けたが、一つの仕事が終わると次が確実にあるか分からない。休業期間が二〜三カ月に及ぶことも。

 日本舞踊や華道、陶芸など趣味を広げたが、満たされない。「ほかにするべきことは」。自問を続けた。

 二十代後半になったある雨の日。東京都内にマイカーで出掛け、運転席で待ち合わせの友人を待っていると、サイドウインドーの向こうを、手足をこわばらせて歩く若い男性の姿が目に入った。「脳性まひの人かな」。傘を差しているが、手が不自由なため、体はずぶぬれだ。

 「あのっ」。何かに突き動かされ、ドアを開けると声を掛けた。「良かったら乗ってください」。待ち合わせの友人をほったらかしにして、十五分ほどの距離を自宅まで送り届けた。

 子どものころから、駅の切符売り場の辺りで困っている高齢者や障害者を見かけると、どうにも気になって仕方なかった。このときは、勇気を持って行動できたことに自分でも驚いた。

 「俳優と福祉の仕事との両立ができたら」−。華やかな芸能界にいながら、常に感じていた心の隙間を、その道を思い付いて少し埋められそうな気がした。

 ただ、どうしたら福祉の仕事に就けるのか。当時は年齢相応の役をこなしながら、徐々に俳優としての地歩を固めていた。また、結婚・離婚といった私事も重なって、いつしか頭の中の「福祉」の存在は中ぶらりんに。そんな状態が十年ほど続いたころ、たまたま、自宅近くの障害者施設の交流祭に出向いたのを機に意を決した。

 「ここで働かせてもらえませんか」

 (白鳥龍也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報