東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > 暮らし一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【暮らし】

気分一新、リセット 企業の休憩室、快適に

森をイメージしたリフレッシュスペース=名古屋市中村区の「エイチーム」で

写真

 森をイメージした空間やボルダリングの壁、カフェ風の机に椅子−。企業の休憩室が快適に様変わりしつつある。働く人には、体を休めつつ気分転換できるなどとおおむね好評。リフォームなどで整備した企業側は、社員同士で対話しやすい雰囲気をつくり、仕事の成果につなげてほしい狙いもあるようだ。 (寺本康弘)

 JR名古屋駅前のビルの三十階。フロアの一角約四十平方メートルに、森をイメージした緑の空間が広がる。IT企業「エイチーム」(名古屋市中村区)のリフレッシュスペース(休憩エリア)だ。

 森を抜けるとオフィススペース。ゲーム開発担当の社員がパソコンと格闘している。「室内作業が多く、外出の機会が少ない社員にとって、リラックスできる貴重な場所です」。広報担当の岡部サエマさん(29)が説明する。

 土足厳禁のエリアには、使い心地良さそうなクッションやハンモックがあり、せせらぎや鳥のさえずりがBGMで流れる。

 オフィスには他にも、突起物をつかむなどして登るボルダリング用の壁もある。高さ約二・八メートルで、ウェブサイト担当の谷本輝(ひかり)さん(26)は休憩時間や就業後に楽しむ。「運動不足を解消でき、頭も切り替えられる。他部署の社員とのコミュニケーションにも役立った」

 同社執行役員の光岡昭典さんは「充実したオフィスに見合う働きをしようと社員の意欲が高まり、就職希望者の増加にもつながっている」と話した。

さいたま市のルミネ大宮店の女性専用休憩室=ルミネ提供

写真

 JR東日本の主要駅でショッピングセンターを展開する「ルミネ」(東京都渋谷区)も快適な休憩室づくりを進める。

 大宮店では、女性専用休憩室をカフェ風にリフォームした。テナント店員からの「わずかな時間でも、ゆったりくつろぎたい」との要望に応えた。カフェ風のカウンターテーブルを設け、ソファも座り心地よいものにした。ルミネの担当者は「店員らの満足度が接客サービスの向上につながる。『店員もここで働き続けたいと言っている』とテナント側の反応もよい」と話す。

 オフィス環境に詳しい家具メーカー「イトーキ」(大阪市)企画本部長室室長の重綱(しげつな)鉄哉さんは「求められる仕事の成果が処理量から創造的なものに移った」と指摘。快適な休憩室がただちに生産性を向上させなくても、「人と人が関わりやすくなることで、仕事の気づきやヒントが生まれやすくなる」と指摘する。

 働き方の傾向を調査研究する岡村製作所オフィス研究所(千代田区)の鈴木勇二所長は働く人への好影響も指摘する。「企業が大切にしてくれていると感じ、企業に愛着を抱きやすくなる」と話す。さらに「企業が人材をつなぎとめ、学生にも興味を持ってもらえる」と採用面への効果も指摘している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by