東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > 暮らし一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【暮らし】

魚焼きグリルで簡単Xマス料理 オーブンなくても大丈夫

(手前左から時計回りに)鶏もも肉のグリル焼き、レンコンのポタージュ、ブロッコリーのツリー

写真

 もうすぐクリスマス。わが家はオーブンがないからチキンを焼けない…という家庭でも大丈夫。骨付きの鶏もも肉を魚焼きグリルで焼けば、簡単に華やかなパーティー料理ができる。 (竹上順子)

 鶏もも肉のグリル焼きとブロッコリーの「ツリー」、レンコンのポタージュの作り方を、東京ガス「食」情報センターの杉山智美さんに聞いた。

 鶏は骨の周りまで火を通すため、弱火でじっくり焼く。「さらに余熱を加えることで、外はパリッと中はしっとりと仕上がります」

 他の二品は、鶏を焼いている間に調理できる。ブロッコリーのツリーは子どもと作っても楽しい。ニンニクのきいたバーニャカウダ風ソースを添えた。冬野菜のレンコンは、ミキサーにかけることで優しいとろみが付く。

◆鶏もも肉のグリル焼き

【材料】一度に焼ける量

骨付き鶏もも肉 2本

塩、こしょう 適量

クレソンなど 適量

【作り方】

 <1>鶏肉は火が通りやすいよう骨に沿って切り込みを入れる。肉の厚い部分も切り込みを入れる。

 <2>(1)の表面に塩、こしょうをよく擦り込む。

 <3>両面焼きグリルを上下弱火にして(2)を入れ、15分焼く。火を止め、そのまま15分置いて余熱を加える。皿に盛り、クレソンやベビーリーフなどを添える。

 ※片面焼きグリルの場合は焼き時間をおよそ1.5倍に延ばす。弱火で、皮とは反対側から先に焼き、焼け具合を見て裏返す。

◆レンコンのポタージュ

【材料】4人分

レンコン 150グラム

水 200ミリリットル

牛乳 400ミリリットル

固形スープのもと 1個

塩、白こしょう 少々

イタリアンパセリ、ピンクペッパー 各適量

【作り方】

 <1>レンコンは皮をむいて一口大に切り、水の半量と一緒にミキサーにかける。液体状になってきたら残りの水も入れて、滑らかになるまでかくはんする。

 <2>鍋に(1)と牛乳、スープのもとを加えて火にかけ、沸騰したら塩、こしょうで味を調える。

 <3>器に注ぎ、イタリアンパセリやつぶしたピンクペッパーを散らす。

◆ブロッコリーのツリー

写真

【材料】4人分

ブロッコリー 約400グラム

ニンジン、サツマイモ、レンコン、赤パプリカ、黄パプリカなど 各適量

揚げ油 適量

バゲット 約14センチ

<バーニャカウダ風ソース>

A(アンチョビー5グラム、おろしニンニク少々、生クリーム50ミリリットル)

【用意するもの】

つまようじ、ピック、抜き型、アルミ箔(はく) 各適量

【作り方】

 <1>ブロッコリーは小房に分けて硬めに塩ゆでし、ザルに上げて冷ましておく。てっぺんに飾るニンジンは厚さ1センチに切り、抜き型などで星形にしてゆでる。

 <2>ニンジンとサツマイモは厚さ2ミリに切り、パプリカとともに抜き型で抜く。レンコンはいちょう切りにする。それぞれ160度の油で軽く揚げる。

 <3>バゲットの切り口を下にして皿に載せ、ツリーの土台にする。

 <4>ブロッコリーの茎につまようじを刺し、(3)のバゲットに刺す=写真。

 <5>(2)の野菜をピックで刺したり、ブロッコリーに載せたりして飾り付ける。

 <6>アルミ箔でAが入るくらいのカップを作り、材料を入れて両面焼きグリルに入れ、上下強火で7〜10分加熱し、別の器に移して(5)に添える。

 ※片面焼きグリルなら、加熱時間をおよそ1.5倍に延ばす。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報