東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > 暮らし一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【暮らし】

「箸にも棒にも」と言われぬよう 正しい「お手元」3歳から

写真

 子どもが小さいうちに身に付けさせたいことはいろいろあるが、代表的なことの一つが箸の正しい持ち方。記者も練習用の箸を愛用している3歳の長女に「そろそろ普通の箸を」と持たせてみたが、すぐにはうまく使えない。どう教えればいいのか、正しい持ち方を教えている市民団体「はし和文化研究会」(福井県越前市)の副会長山口ちとせさん(65)を訪ねた。 (稲田雅文)

 長女が使っている練習用の箸は、親指と中指、薬指が正しい位置に固定できるようリングが付いたタイプ。上部で二本の箸がつながっているため、先端がずれない。二歳のときに渡してみると、すぐに上手に使い、「天才かも!」と親を喜ばせた。きっと普通の箸もすぐに使いこなすと期待したのだが、それらしく持つことはできても、動かすとなるとなかなか難しいようだ。

 山口さんは「このタイプの箸は、普通の箸と力の入れ方が違うためか、持ち替えてもすぐには使えない子もいます」と話す。

 では、どう練習していけばいいのか。始める時期は「小学校に入学するころにはきちんと使えるよう、三、四歳くらいから」がよいそうだ。輪ゴムを使い、箸と手を固定して練習する方法を教えてくれた。輪が小さめの輪ゴム四本を用意し、一本につき二カ所をイラスト(上)のように指と固定する。下の箸はまず親指と留める。もう一つは薬指、小指と結び付ける。上の箸は、人さし指の付け根に一つ、中指の先の第一関節あたりにもう一つだ。

 持ち方がしっかりしたら、次は動かし方。下は動かさず、上だけを動かすのが基本。「親しみやすいよう、“お兄さん(中指)がお母さん(人さし指)と一生懸命働き、それをどっしり支え、動かないのがお父さん(親指)”と説明しています」と山口さんは話す。

 それぞれ、指のどの位置で支えるのかがうまく定まらない場合は、箸が指に当たる場所にシールやサインペンで印を付けると子どもが理解しやすい=イラスト(下)。手を握りしめないことも大切で、丸めたハンカチを手のひらで軽く握りながら練習すると、感覚をつかみやすいという。

 試しに、長女に練習させてみると、箸の先端がうまく合わない。これでは食べ物をつかめない。山口さんは「親が箸の先を持って合わせ、かちかちと音が鳴るように動かしてやる練習をしましょう。手の力を抜いて持つことが大切です」と言う。

 幼児の場合、この方法で練習を始めて一週間程度で使えるようになることが多いという。逆に、自己流の持ち方のまま大きくなると、矯正するのに苦労するケースもあるという。

 山口さんは、正しい箸の持ち方が、一緒に食卓を囲む人と気持ち良く食べる生活習慣を身につけるのはもちろん、成長も促すことを強調する。「お豆腐を箸で切って、つまみ、口に運ぶ。簡単なようでも高度な脳の働きがあってはじめて実現できる動作です。食材に合わせて力を加減する上手な箸使いを通じて、自分のことだけでなく相手を思いやる心も育んでほしいですね」と語る。

 なるほど。記者の長女も、来週の今頃には上手に箸が使え、心も豊かになっている。そう信じよう。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報