東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > 暮らし一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【暮らし】

見逃される“COPD”慢性閉塞性肺疾患 その息切れ、本当に年のせい?

健康な人の肺(左)と重症のCOPD患者の肺。明るい部分が病変部で、空気が流れにくくなっている=CT画像を加工。木田厚瑞氏提供

写真

 治療が遅れると寝たきりにつながる危険があり、患者も増えているのに、日本人の四人中三人が「知らない」と答える病気がある。慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)。肺の働きが低下し体に酸素が十分行き渡らなくなるため、動くと息切れするのが最も重要な症状。早期治療で進行を抑えられるが、「息切れは年のせい」との思い込みから受診は遅れがちだ。専門医は「昨年まで普通にできていた動作にしんどさを感じたら、肺機能の検査を」と呼び掛けている。 (吉本明美)

 COPDは、かつて肺気腫や慢性気管支炎と呼ばれていた肺疾患の総称。肺の中の細い気管支の多くが有害物質の影響で傷み、酸素と二酸化炭素の交換がしにくくなる。進行すると食事や着替えなどの日常生活も苦しくなる。

 最大の原因はたばこで、日本の患者の九割が喫煙経験者。発展途上国では大気汚染物質の関与も大きい。世界保健機関(WHO)は二〇三〇年には世界の死因の第三位になると推定している。

 国内には、〇一年に発表された全国規模の疫学調査を基に五百万人を超す患者がいると推定された。高齢化でさらに増えるのは確実だが、厚生労働省の調査(一四年)では患者数は約二十六万人。単純計算で患者の5%しか治療を受けていないことになり、多くは見逃されているとみられる。なぜか。日本医大呼吸ケアクリニック(東京)の木田厚瑞所長は「この病気の認知度が極めて低いためです」と言う。

写真

 東京都葛飾区で中華料理店を営む森島武さん(72)も、昨年たまたま家族で受けた人間ドックで「一日も早く専門医へ」と言われるまで、COPDの名は知らなかった。

 喫煙歴約五十年。朝から晩まで四十年以上店を切り回してきて体力には自信があったが、胸いっぱいに息を吸い込んで一気に吐き出す「スパイロメーター検査」をすると、肺機能は同年代の健康な人の46%しかなかった。しばらく前から出前で息切れを感じ、就寝時のせきも悪化していたものの、医者嫌いもあって「年齢だろう」「小さい頃から喉が弱かったし」と別の理由を付けていた。

 森島さんが木田さんの診察を受けたのは三カ月後。症状が進んで痩せていくのを見かねた妻の政子さん(69)が強引に連れ出した。

 最善策は禁煙と言われても「絶対やめない」とかたくなだったが、木田さんに「治療すればまだまだ働ける」と励まされ、禁煙を決意。補助薬を使ってたばこをやめ、COPDの吸入薬を始めると症状はみるみる改善、体重も四キロ近く増えた。

 この病気の啓発のために学会や製薬会社が設立したGOLD日本委員会を中心になって立ち上げた福地義之助順天堂大名誉教授(呼吸器内科)は「肺機能は年齢とともにゆっくり低下はするが、昨年まで普通にできていたいつもの活動をしんどく感じたら異常のサイン。スパイロメーター検査を受けてほしい」と話している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報