東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > 暮らし一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【暮らし】

目の前で人が倒れたら そばの人こそ救命措置を

写真

 大相撲巡業で地元市長があいさつ中に倒れた出来事では、土俵に上がってすぐに救命措置を始めた女性の対応にも注目が集まった。身近で人が倒れたらどうしたらいいのか。止まりかけた心臓に電気ショックを与える自動体外式除細動器(AED)の使い方などを、日本AED財団理事で東京慈恵会医大教授(救急医学)の武田聡さんに聞いた。 (由藤庸二郎)

 −そばにいる人の処置がなぜ求められるのか。

 救急車を待っていては間に合わないからだ。心停止後の救命率は一分間に10%ずつ下がり、五分後には50%。一方で、通報から救急車到着までの平均時間は約八分だ。

 −人が倒れたとき、まず何をしたらいいのか。

 肩をたたき、大きな声で呼び掛ける。返事、反応がなければすぐ一一九番通報する。そしてAEDを探してもらい、その間に呼吸を確認する。「呼吸がない」「呼吸があるかどうか分からない」といういずれの場合も、直ちに「胸骨圧迫(心臓マッサージ)」を始める。何人かいれば手分けをする。

 −胸を押すとかえって具合が悪くならないか。

 「押したことで命に関わるようなことは起きない」と研究で分かってきた。日本蘇生協議会のガイドラインでも「心停止が分からなければ押していい」と付け加えた。

 胸骨圧迫は、胸の中央の骨に手のひらを重ねて当て、真上からしっかり押し、すぐ緩める。大人なら深さ五センチ程度、小児ならあおむけにして胸の高さの三分の一まで押す。テンポが大事で、一分間に百〜百二十回が必要。童謡「うさぎとかめ」の「もしもしかめよ」の「も・も・か・よ」のタイミングで押す。

 −やるかどうか、迷いそうだ。

 心肺が動いていて胸骨圧迫が不要なら、胸を押す手を振り払おうとするなどの反応がある。そうしたらやめればいい。分からなければ、ひるまずに押してほしい。

 −押すことの意味は。

国内で使われている自動体外式除細動器(AED)

写真

 倒れた人には、しゃくりあげる、途切れ途切れの「死戦期呼吸」が起こることがあるが、有効な呼吸ではない。目の前で倒れたのなら血液中に酸素が十分にあって、人工呼吸はしなくていい場合が多い。胸骨圧迫だけでも、血液を脳に送れれば脳の損傷を防げる。

 心臓突然死で最も多いのは、心室細動というけいれんで血液が送れなくなる状態。AEDの電気ショックは、細動を止め、正常な心拍を取り戻すのに有効だ。

 −AEDの使い方は。

 講習会で学ぶのが一番だが、知らなくても使える。装置が手順を音声で指示してくれるし、使い方の図解が入っている場合もある。パッドを体に装着すれば自動的に心拍を測り、除細動(電気ショック)が必要かを判断する。除細動のボタンを押す際は必ず患者の体から離れる。

 救急隊が到着するか、倒れた人が体を動かすまでは、胸骨圧迫を休まずに続けることが大事だ。心臓の血流が増えて回復しやすくなる。とても疲れるので、二分程度で交代するといい。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報