東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > 暮らし一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【暮らし】

<キレイ工房>レース 透け感で涼しげ&上品

高級感のあるレース素材のセットアップ。しわになりにくく、機能性もある=いずれも東京都豊島区の東武百貨店で

写真

 暑さが例年以上に長く、厳しい今年の夏。単調になりがちな夏の装いに、レースや透け感のある素材を組み合わせた着こなしが人気だ。かわいらしさも残しつつ「大人世代」も安心して着られるアイテムを紹介する。 (小林由比)

 「レースの透け感で涼しげな印象を与えつつ、袖やスカートの丈が長めなので、大人の女性も上品に着こなせます」

 東武百貨店池袋店にあるブランド「ミッシェルクラン」は、濃紺や深緑といったシックな色合いのレースを使ったブラウスとスカートのセットアップを薦める。裏地付きのため透けすぎず、一枚で済む手軽さも。自宅でも洗え、夏場に何度も着られる。

 「MKミッシェルクラン」では、華やかなラメ入りのブラウスがお薦め。極薄の素材に加え、風が通るとフンワリと揺れるデザインを採用、さらに涼しげに。短い丈なので、流行のハイウエストのパンツと合わせると今風のシルエットになる。

 露出度を控えめに、幅広い世代で取り入れやすいのが、前身頃だけレースを取り入れた「ランバンオンブルー」のカットソー。後ろは通常の見栄えだが、前部のレースは大胆かつ華やか。肩のラインなどが透けるので、涼感を演出できる。

 この時季、秋口まで着られるよう、落ち着いた色合いのアイテムも。レースに繊細な刺しゅうを施した「ダブルスタンダードクロージング」のニットは、パープルやテラコッタ(れんが色)など深みのある色が目を引く。ボリュームのあるスカートやパンツに合わせれば、華やかな印象にもなる。

透け感のある素材のブラウス。フリルのような袖も涼しげに見えるポイント

写真

秋口まで着られる色合いのニット。華やかな印象だが、ジャケットと合わせればオフィスでも使える

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報