東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > 暮らし一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【暮らし】

暑い夏を爽やかに 体にやさしい手作りドリンク

料理研究家の楠みどりさん

写真

 うだるように暑い毎日。熱中症予防も含め、こまめな水分補給が欠かせない。せっかくなら、おいしく、爽やかな気分になれる飲み物でリラックスした時間を過ごしたい。料理研究家の楠(くすのき)みどりさん(39)に、夏バテ気味の体にやさしいドリンク三種類を教わった。

 楠さんは「清涼飲料水などを飲み過ぎると糖分の過剰摂取が心配ですが、手作りドリンクなら甘みもやさしくなります」と話す。レシピサイト「ナディア」で野菜や果物を使った料理などを提案しているほか、幼児食インストラクターとして成長に応じた料理も紹介している。 (小林由比)

◆甘酒とモモのスムージー 

写真

 少し大人っぽい雰囲気のドリンク。「飲む点滴」ともいわれる栄養豊富な甘酒に、モモを加えて香り豊かに。今が旬のモモは食物繊維が多く、便秘解消にも効果的。モモはミキサーにかけず粗く刻んでもよい。キウイフルーツでもおいしくできる。

 【材料】=作りやすい分量

甘酒 缶1本(160グラム)

モモ 1/4〜1/2個

ミントの葉 適量

 【作り方】

 <1>モモを適当な大きさに切る。

 <2>(1)と甘酒をミキサーにかけ、かくはんする。

 <3>(2)をグラスに注ぎ、ミントの葉を添える。

◆はちみつ&ショウガのレモンスカッシュ

写真

 レモンは皮ごと使う。防カビ剤などが使われていない国産レモンを選びたい。二日ほどレモンをはちみつに漬けておくと、さらに味がなじむ。「ビタミンCが豊富なレモンと、殺菌・血行促進効果のあるショウガの組み合わせは夏にぴったり。大人はショウガを多めにすると、さらにすっきり飲めます」

 【材料】

レモン 2個(約250グラム)

はちみつ 250グラム

ショウガ(すりおろし) 適量

炭酸水 適量

ミントの葉 適量

 【作り方】

 <1>薄くスライスしたレモンを清潔な保存容器に入れ、レモンがかぶるくらいまではちみつを注ぎ、5時間以上漬けてシロップをつくる。

 <2>(1)を適量に分け、ショウガを加えて炭酸水を注ぐ。

◆夏果実のフルーツポンチソーダ 

写真

 はじける炭酸と果物の色がグラスに映え、見た目も涼しげ。パイナップルやキウイフルーツには疲労回復効果も。「食べても飲んでもおいしいドリンク。子どもうけ抜群です」と楠さん。メロンやスイカを入れてもいい。子どもと一緒に作りたい。

 【材料】

A(砂糖50グラム、水200ミリリットル、レモン汁小さじ1)

キウイフルーツ(グリーン) 2個

パイナップル 200グラム

ブルーベリー 10粒

炭酸水 適量

 【作り方】

 <1>Aを鍋に入れて火にかけてシロップを作って冷ます。

 <2>食べやすい大きさに切った果実を(1)に漬ける。

 <3>(2)を適量に分け、炭酸水を注ぐ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報