東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > 暮らし一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【暮らし】

介護現場「ヒヤリ・ハット」増 人手不足で無資格職員採用

「車いすの転倒を防ぐため常にロックの点検を」などと話し合う安全管理事故防止委員会=東京都東村山市の特養「白十字ホーム」で

写真

 特別養護老人ホーム(特養)などの入所施設では、業務中の職員の三人に一人が利用者の事故やけがを経験、重大事故につながりかねない「ヒヤリ・ハット」体験は七割を超えた−。公益財団法人介護労働安定センター(東京都)による二〇一七年度の介護労働実態調査でこんな実態が分かった。人手不足のため現場経験が乏しい無資格者の採用が増え、技術の指導や教育が追いつかない現状が背景にある。 (五十住和樹)

 調査は、同センターが毎年実施。昨年度は施設や在宅のサービスを提供する八千七百八十二事業所の職員二万一千二百五十人が回答した。施設の職員では業務上の事故の経験が32・9%、ヒヤリ・ハットの経験が72・5%。施設での事故は、利用者がベッドや車いすから落ちて骨折するケースが多い。入浴の介助時に、利用者や職員が滑って大きなけがをすることもある。

写真

 研修などで講師を務める元ホームヘルパーの桜井和代さんは、「施設は人手が足りず、夜勤が増えて勤務がきつくなっている。介護福祉士などの資格を持たない人も多い。教育や研修のバックアップがなければ、事故の可能性は一層高まる」と警鐘を鳴らす。

 都内で特養などを運営する社会福祉法人の幹部は、「介護保険開始当初は、施設でも在宅サービスでも有資格者が当たり前だったが、人手不足が深刻な今は、無資格の人でも助かる」と現状を明かす。

 別の特養の施設長は、新人が日常の仕事をこなせるようになるには、最低でも三カ月かかると言う。新設の特養では職員が確保できず、ベッド数を予定より減らしてオープンしたという事例も。この施設長は「職員定着、そして十分な教育というところまでいかないのでは」とみる。

 介護現場の事故防止対策に詳しい、特養「レジデンシャル常盤台」(横浜市)施設長の高橋好美さんは「資格のある人を確保するのは大変。しかし、採用した人を育成するのは施設や法人の責任。人手不足は理由にならない」と指摘する。

 調査では訪問介護など在宅サービスの職員の事故経験は12・8%、ヒヤリ・ハットは39・6%だった。在宅の利用者と一対一で対応する介護職員は初任者研修修了者である必要がある。

 事故やヒヤリ・ハットの情報共有に努める施設もある。東京都東村山市の特養「白十字ホーム」は毎月、介護職や理学療法士ら九人による「安全管理事故防止委員会」を開催。十四日の会合では「夜間、ベッド脇で転倒が続いた」「入浴時に左腕や脇腹に内出血を見つけた」などの報告が続き、「車いす移乗時に脇に手を入れて内出血した可能性がある。移乗はタオルを使って二人で行う」などと対策を話し合った。

 ホーム長の西岡修さんは「うちでは年間約四百件のヒヤリ・ハットがある。重大事故にならないよう事例を共有して、職員に気付きを促す」と話している。

◆実態調査 深刻さ浮き彫りに

 今回の介護労働実態調査では、介護現場の人手不足の深刻さが浮き彫りになった。不足を感じている事業所は四年連続で増えて過去最高の66・6%。不足の理由は「採用が困難」(88・5%)、「離職率が高い」(18・4%)などで、56・9%が「同業他社との人材獲得競争が激しい」と答えた。

 西岡さんは、調査の諮問委メンバーも務めており「介護職の魅力が下がり、専門職養成校の生徒が減ってきた。力量のある職員が少なくなった職場で、不足感が強まっている」と話す。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報