東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > お金の話一覧 > 記事

ここから本文

【お金の話】

動画配信サイト 無料視聴見比べて契約 畠中雅子(ファイナンシャルプランナー)

 夏休みに入り、旅行を楽しみにしている方も多いと思います。一方で、お子さんの受験や、費用の関係などで夏の旅行はあきらめた方もいるのではないでしょうか。

 そのような方におすすめしたいのは、動画配信サイトです。私自身も「Netflix(ネットフリックス)」や「Amazonプライム・ビデオ」などの動画配信サイトを利用して、主に米国ドラマを視聴しています。米国ドラマの最新シーズンの中に見たい番組があるときは「FOXチャンネル」が見られる「Hulu(フールー)」を契約することもあります。

 費用は、ネットフリックスは同時に四画面での視聴が可能なプレミアムプランが月額千五百六十六円。Amazonは、三千九百円の年会費で、プライム会員向けの動画を視聴できます。ただ、Amazonではすべての動画が無料ではなく、最新シーズンなど購入しなければならない動画もあります。フールーは、月額千七円です。

 そのほかにも、利用料が月額五百四十円ですむ「dTV」や、利用料は月額二千百四十九円かかるものの、ポイント還元のシステムがあり、十二万本以上の動画を配信している「U−NEXT」なども人気の動画配信サイトです。

 サイトごとに扱う動画数や最新シーズンの配信時期も異なりますが、いずれも月単位で契約が可能。見たい番組がなくなるなど、解約したい時も、月単位で解約できます。またパソコンのほか、スマートフォン、タブレット端末、メーカーや機種によってはテレビでの視聴も可能です。

 多くは一カ月程度の無料トライアルが利用できるので、この間にさまざまな番組を視聴し、自分が見たい番組を多く扱うサイトと有料の契約に移りましょう。夏休みこそ、見だめのチャンスです。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報