東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > お金の話一覧 > 記事

ここから本文

【お金の話】

新タイプのがん保険 闘病時の収入減カバー 畠中雅子(ファイナンシャルプランナー)

 がん闘病をめぐる話題を耳にする機会が増えているからか、がん保険に関する相談が増えています。そこで今回は、新しいタイプのがん保険を取り上げます。

 ライフネット生命では今月、「ライフネットのがん保険 ダブルエール」を発売しました。がんの治療費に加え、闘病による収入減もカバーできるがん保険です。

 保障内容として、がん診断一時金は百万円から五十万円刻みで三百万円まで選択可能。「上皮内新生物」と診断された場合は、がん診断一時金の半額を受け取れます。手術や抗がん剤治療、放射線治療を受けた月は、十万円の治療サポート給付金が受け取れます。治療サポート給付金の保障を付けると、収入減に備える保障も付加できて、がんと診断された翌年から、最長五年間、「がん収入サポート給付金」が受け取れます。

 五十歳の男性の例で、保障内容と保険料を見てみましょう。がん診断一時金百万円、治療サポート給付金月十万円、収入サポート給付金一回五十万円、先進医療保障通算二千万円の場合、月の保険料は八千二百十一円。保険料を抑えたい場合は、がん診断一時金の保障に絞ると、月二千六百六十一円になります。

 入院保障は医療保険で確保しているなどの理由で、がん診断給付金の保障を上乗せしたい場合、楽天生命が扱う「楽天生命ガン診断プラス」を選択する方法もあります。一般的な病気やけがの入院保障は一回五万円に抑えられていますが、がん診断給付金と、一年以上経過した後の再発で受け取れるがん治療給付金を通算六回まで受け取れます。五十歳の男性が、がん診断給付金とがん治療給付金百万円、入院支援給付金五万円、先進医療保障通算二千万円のプランに加入すると、月の保険料は四千九百八十七円になります。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by