東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > お金の話一覧 > 記事

ここから本文

【お金の話】

リースバック 自宅売却後、続けて住む 光田洋子(マネージャーナリスト)

 まとまった資金が必要になった時、持ち家を売却して現金を得る方法や、シニア世代であれば、自宅を担保に融資を受ける「リバースモーゲージ」という方法があります。さらに、最近は幅広い年代で利用可能な「リースバック」のサービスも広がり始めています。

 リースバックとは、所有する資産をいったん売却し、同じものをリース契約で利用する仕組みのこと。企業では資産の圧縮や資金調達などを目的に、事業用不動産や設備などで普及しています。一般住宅向けにも不動産会社や専門会社が取り扱いを始め、首都圏のマンションを対象にサービスを開始したリース会社もあります。

 自宅を売却すると、別の家に住み替えなければならないのが普通ですが、リースバックの場合は売却と同時に賃貸契約を交わし、毎月の家賃を支払うことで、同じ家に住み続けることができます。受け取る売却代金は自由に利用でき、引っ越しの手間や費用も省けるほか、居住環境を変えずに済むのが大きなメリットです。

 例えば、自宅の買い替えを行う場合、売却と購入のタイミングを合わせるのは難しいのが一般的。リースバックを利用すれば、先に売却して、自宅に住みながら次の住まいをゆっくり探せ、資金計画を立てやすくなります。高齢者施設への入居で早めに資金を確保したい時や、相続対策などで不動産の整理をしたい時にも便利です。

 リバースモーゲージも自宅に住み続けられますが、契約者の死亡後に、相続人が自宅を売却するなどして融資額を精算しなければなりません。リースバックは所有者本人が売却するため、複数の会社で売却価格と家賃を見積もり、条件を比較して契約することが可能。場合によっては、買い戻すこともできます。興味がある人は、調べてみてはいかがでしょう。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報