東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > お金の話一覧 > 記事

ここから本文

【お金の話】

教育訓練給付金 受講開始20年以内に緩和 畠中雅子(ファイナンシャルプランナー)

 仕事の能力開発やキャリア形成を促すための学びを助けてくれる「教育訓練給付金」というものがあります。これには、「一般教育訓練給付金」と、「専門実践教育訓練給付金」があります。

 どちらも雇用保険に三年以上加入しているか、過去に加入していた人が、厚生労働相が指定する講座を受講して、修了後に申請すると受け取れます。初めて申請する人は当面、雇用保険の加入期間の条件が緩和されており、一般教育訓練給付金は一年以上、専門実践教育訓練給付金では二年以上でも対象になります。

 さらに今年から、受講開始時期の条件も緩和されました。これまでは、原則として退職の翌日から一年以内に受講を開始する必要がありました。これが適用対象期間の延長により、最大で二十年以内に受講を開始すればいいことに。このため、「子育てが落ち着いてから受講したい」といったニーズもかなえられます。

 一般教育訓練給付金の支給額は受講料の最大20%、上限額は十万円です。専門実践教育訓練給付金は最大で50%、金額では一年につき四十万円が上限額。最長の三年間受講した場合は、百二十万円が上限額になります。

 専門実践教育訓練給付金の対象講座は、看護師、診療放射線技師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、救急救命士、歯科衛生士、美容師、理容師、電気工事士、建築士など、仕事に直結する専門的な講座が中心。受講修了後に資格を取得し、一年以内に被保険者として雇用されると、給付金が20%上乗せされ、合わせて最高70%になります。金額に直せば、一年で最高五十六万円、三年では最高百六十八万円が受け取れる計算になります。ただし、先に受領している金額を引いた差額がもらえる仕組みになっています。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報