東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > お金の話一覧 > 記事

ここから本文

【お金の話】

雇用の無期転換 有期5年超で申し込み権 光田洋子(マネージャーナリスト)

 契約社員やパート、アルバイトなどの有期契約で働く人を対象に、期間の定めがない無期契約に転換できるルールがスタートしました。同じ会社で半年や一年といった有期契約を更新して働き続け、五年を超えて更新した場合、本人の申し込みにより無期契約に転換できるという仕組みです。

 改正労働契約法により、二〇一三年四月一日以降に開始した有期労働契約から適用されるため、今年四月一日以降に五年を超えて契約更新した人に、無期転換の申し込み権が発生します。本人が無期契約への転換を申し込めば、会社は断ることができません。申し込みは口頭でも可能ですが、できれば書面で意思表示をして勤務先に提出すると、後々のトラブルを防げます。申し込みをしなければ、そのまま有期契約で仕事を続けることになります。

 無期契約に転換後も、給与や待遇などの労働条件は別段の定めがない限り、前の条件が引き継がれます。会社によっては、無期転換後の待遇や就業規則などを定めている場合もあるので確認を。いずれにしても、会社側の都合で急に契約更新を打ち切られる心配がなくなるのは大きなメリットです。

 厚生労働省の一七年賃金構造基本統計調査によると、正社員・正職員以外の人の平均賃金は男性が約二十三万五千円、女性は約十九万円でした。パートやアルバイトの場合、リクルートジョブズの調査ではことし三月の三大都市圏の平均時給が千十八円。一日八時間で二十日働けば月収は約十六万円です。これくらいの給与を無期契約で安定して得られれば、当面の生活設計も立てやすくなります。

 最近は人手不足から、希望者を有期契約から無期契約に転換したり、正社員にしたりする会社も増えています。自身の働き方を考えてみるいい機会といえます。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】