東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > お金の話一覧 > 記事

ここから本文

【お金の話】

家計の貯蓄額 「年収以上」一つの目安 光田洋子(マネージャーナリスト)

 夏のボーナスシーズン、その使い道を聞いたアンケートでは、「貯蓄」が毎回トップに上がります。いざというときのため、老後の資金、子どもの教育費など目的はさまざまですが、家計の備えとして貯蓄はやはり重要です。

 その貯蓄、わが家は平均並みにたまっているのかと気になる人もいるでしょう。総務省家計調査報告による二〇一七年、二人以上の世帯の結果では、一世帯当たりの貯蓄額は平均で千八百十二万円。前年と比べマイナス八万円で、五年ぶりにやや減少しました。子育て中の世帯や住宅ローンなどを抱える家庭では、とても平均額には及ばないと嘆く方もいるかもしれません。しかし、約三分の二の世帯はこの平均額より少ないのが現実です。退職金などが入った六十代以上の平均額が二千三百万円を超えており、これが全体の平均貯蓄額を引き上げているからです。

 貯蓄額を低い方から順番に並べた時にちょうど中央に位置する世帯の金額を中央値といいますが、貯蓄保有世帯の中央値は千七十四万円、貯蓄ゼロの世帯を含めた中央値は千十六万円です。この中央値のほうが「平均的」という意味では参考になるかもしれません。

 一方、勤労者世帯の平均額は千三百二十七万円で、前年に比べ二十八万円、2・2%の増加でした。現役世代の貯蓄の目標額は年収に対する比率も参考になります。前出の調査で、四十歳未満は年収六百万円弱で、貯蓄額は同程度。四十代は年収七百六十二万円に対し貯蓄額は約一・四倍。五十代になると年収八百四十一万円に対し、貯蓄額は約二倍です(すべて平均)。

 住宅ローンなどの負債の有無にもよりますが、今や四十代以上の世帯は年収以上の貯蓄があって平均並みです。ボーナスは貯蓄を殖やす絶好のチャンスになります。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】