東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > 悩みの小部屋一覧 > 記事

ここから本文

【悩みの小部屋】

<法律お助け隊 滝沢香弁護士> 亡き父の債務銀行から支払い請求

<お悩み> 銀行から父の債務の支払いを求める内容証明が届きました。両親は子どものころに離婚し、母のもとで育った私は、父と交流がありませんでした。内容証明で初めて、父が半年前に亡くなったことを知りました。父は地方の実家に戻り、再婚したと聞いていましたが、住所も分かりません。どう対応すればいいのか困惑しています。

 (千葉・会社員 56歳)

◆3カ月以内に手続きを

<お答え> 金融機関からの請求でお父様が亡くなられたことを知って大変驚かれ、不安なこととお察しいたします。お父様にはあなたの他にも相続人がいた可能性があります。その場合、資産も債務も原則として、民法で決められた法定相続分を相続することになります。

 債務を相続したくない場合は、自分のために相続の開始があったことを知ったときから三カ月以内に、お父様の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に相続放棄の手続きをする必要があります。それをしないと相続を承認したとみなされます。

 お父様は六カ月前に亡くなられていますが、あなたが相続開始を知ったのは銀行からの内容証明が届いたときですから、受け取ってから三カ月以内に手続きをとれば、債務を払う必要はありません。ただ放棄すると、資産も相続できなくなります。

 もっとも三カ月以内に、あなたの他に相続人がいるか、債務と別に財産はあるのかを調べて相続するか判断するのは難しいかもしれません。その場合は三カ月以内に前述の家庭裁判所に、期間を延ばす手続きをとれば、裁判所が認めた範囲で延長されます。

 裁判所がどこかを調べるには、あなたが生まれたときの戸籍謄本を取り寄せ、そこに記載されているお父様の本籍地の自治体から、死亡時の戸籍と、住所を記載した戸籍の付票を取り寄せて最後の住所地を確認します。他の相続人の有無もお父様の戸籍を追うことで確認できます。

 財産の調査については、住所地の不動産の登記を確認することが考えられますが、預貯金などは直ちには分かりません。他に相続人がいれば、その人に問い合わせることが必要かもしれません。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by