東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > にゃんとワンポイント一覧 > 記事

ここから本文

【にゃんとワンポイント】

キャリーケース 普段から慣れさせて

キャリーケースを安心できる場所と認識してもらうことが大切

写真

 「キャリーケースに慣れさせること」。猫が安心して暮らすための大切なしつけの一つです。

 普段の生活の中でケースの出番といえば、動物病院へ行くときです。

 猫にとって病院は「痛いことをされる場所」です。キャリーケース=病院(恐怖の対象)と即座に連想してしまいます。ですから目にした途端、一目散に逃げてしまい、捕まえられないという話を飼い主さんからよく聞きます。

 このようなときには、ケースを持ち出す前に、洗濯ネットなどの「猫袋」にあらかじめ入れてから収容すると、幾分安心するようです。

 環境省は、東日本大震災の教訓から、「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」を示し、ペット同行避難を推奨しています。

 ペットと避難をする際に一番困るのは、他の人への配慮ではないでしょうか。避難所では動物が苦手な人、アレルギー体質の人もいますので、猫をケースに入れた状態での飼育が求められています。

 そこで、災害時、避難時の対策として普段からケースに慣らしておくことが重要になります。猫にケースが「恐怖の対象」ではなく、「安心できる場所」だと認識を改めてもらうことが大切なのです。

 まず、ケースのふたを開け、猫の行動範囲内に置いておきましょう。はじめは警戒心から近づこうとしないかもしれません。ケース内に好物や愛用の毛布などを入れたり、猫用フェロモン製剤を使ったりすることで、徐々に警戒心が薄れていきます。

 新しいものを購入し、慣れさせた方がよい場合もあります。

 愛猫の命を守れるのは飼い主さんだけです。災害時を想定し、今から備えておきましょう。

 (成沢千香=獣医師、専門学校講師)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報