東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > ペット大好き一覧 > 記事

ここから本文

【ペット大好き】

松本さやかさんとモコ 泣いちゃダメ! パンチで励まし

松本さやかさんが落ち込んでいるときは叱咤激励してくれる愛犬のモコ=東京都内で

写真

★犬(メス 推定8歳)

 タレントの松本さやかさんの愛犬モコは公園で保護された。今ではすっきりトリミングされ、かわいい瞳が印象的だが、保護当時は、長毛種のミックスだけに被毛が伸び放題。どこに目があるのか分からない状態。毛玉だらけで異臭も漂うような悲惨さだった。当時、松本さんが通っていた大学院の先輩が保護し、当分の間、預かってくれないかという打診があった。先輩の頼みとあって受け入れた。

 「そのころは両親と実家に住んでいたのですが、今まで犬を飼ったことがなかったし、両親は『犬は外で飼うもの』という認識だったので、家の中に入れるのを反対されました。私の部屋からは出さないという約束で少しの間だけとお願いしたのですが…」

 迷い犬かと思って飼い主を捜しても現れない。次に里親募集をしたが応募はなく、そのまま、松本家の家族に。

 「保護当時の年齢は推定三歳。どうして公園にいたのか不明です。トイレのしつけもできているし、避妊の手術もされていたので、かわいがられて育った時代もあったのかと思いますが、公園に捨てられ、しばらく一匹で必死になって暮らしていたのかも? 何でも食べちゃいますから(笑)」

 それから五年。松本さんは、仕事の関係で一人暮らしをすることに。ここでモコをどうするか大いに悩んだ。

 「初めての一人暮らしですから、きちんと世話ができるか、散歩も毎日できるか、仕事で帰りが遅くなったらどうしようとか、いろいろ不安でした。でもここで、私がいなくなってしまったら、またモコは捨てられたと思って悲しむかもしれない。そう考えたら、モコを置いてはいけない、弱気になってはならないと、自分を励まし、ペット可マンションを探しました」

 松本さんとモコの水入らずの生活が始まった。女二人のパートナーシップは、とても快適で心強い。

 「モコは最高にいい相棒。いつも私のことを気遣ってくれます。しかも私すら気付かないような、心の傷を癒やしてくれる天才的なセラピスト」

 松本さんが幸せなときやうれしいときと、落ち込んでいたり悲しがっていたりするときの対応が明らかに異なる。

 「落ち込んでいるときは静かに寄り添ってくれますが、泣いていたりすると、ボクシングのチャンピオンみたいなパンチを出して攻撃してきます。『泣いちゃダメ。元気出しなさい』って、叱咤(しった)激励タイプの姉御肌(笑)」

 松本さんのもう一つの顔は専門学校の保健体育の教師。

 「先生とタレントという二つの顔を持って仕事をするのは大きなチャレンジ。でも、いつもモコが後押しをしてくれるので頑張れます!」

 逆境を経験したモコの励ましには説得力がある。

 (文・宮西ナオ子、写真・高嶋ちぐさ)

<まつもと・さやか> 茨城県出身。筑波大大学院人間総合科学研究科修了。専門学校で保健体育教師として勤めながらテレビ、ラジオ、雑誌などで活躍。現在はチバテレビ「ウィークリー千葉県」リポーターとしてレギュラー出演中。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報