東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 暮らし > ペット大好き一覧 > 記事

ここから本文

【ペット大好き】

船戸あやこさんとまめこ 豊かな喜怒哀楽 気持ち通じ合う

船戸あやこさんとウサギの「まめこ」。手に持つのは、作品のウサギ=千葉県内で

写真

★ウサギ(メス 4歳)

 スペイン陶芸家の船戸あやこさん。二十年ほど、スペイン・バレンシアで暮らし、四年前に帰国後は国内で活動している。

 青を基調とした鮮やかな色彩の作品が特徴で、動物のオブジェも人気だ。スペインではたくさんのペットと暮らし、創作モチーフにもなってきたという。

 「向こうは家が広くのんびりした環境でしたので、大型犬のコモンドール(ハンガリアンシープドッグ)に猫、ウサギ、ハムスター、ハト、金魚、カメと、いろいろなペットを飼ってきました。ウサギはつがいで飼っていたんですが、子どもたちが子ウサギをほしがって、一度だけ出産させたんです。計五匹となり、よくなついて、楽しかったですね」

 その思い出もあり、帰国してすぐ飼ったのが、ネザーランドドワーフの「まめこ」。毛の色がヘーゼルナッツのようで、娘が「ヘーゼル」と名づけたが、呼びにくいので「まめこ」になった。

 ふっくらして愛らしい姿だが、性格はとてもデリケートとか。人に抱っこされるのも苦手なのだそうだ。

 「小さいころは誰が来ても割と平気でしたが、だんだん人見知りになってしまいました。家族の中では、日々世話をしてくれる私の母のことが大好きで、母と一緒に規則正しい生活を送っています」

 午前五時半に起床し、朝食後は、母が遊具を並べて作ってくれた運動スペースで遊び、おやつを食べて散歩。夕食をとり、午後九時に就寝という。

 船戸さんは各地の個展や講習会で出かけることが多く、まめこと会わない時間が長くなることも。

 「久しぶりに会うと、まめこはそっぽを向いてとても冷たいんです。少したつと、『はい、マッサージして!』と言うように隣に来たりして、とても上から目線の態度。そばにいなかったのを怒っているのかもしれませんが、こんな態度もかわいいですね」

 勘も鋭く、「明日はまめちゃんの爪切りに動物病院に行こう」と話していると、その日一日ケージから出てこなかったり、ソファの下に隠れてしまったりする。

 言葉を発することはできないが、イヤなこと、うれしいことを行動で示し、しっかり自己主張するのだ。船戸さんのつくるウサギの作品も、まめこのように表情豊かで、どこかユーモラスだ。

 「ウサギはなんといっても、しぐさがかわいいですよね。耳をぺろんと前脚でかいたり、二本足で立ってみたり、いきなりおなかをみせてゴロンとしたり。怒ってる時には足を鳴らして。ウサギによって性格も違いますが、一緒にいると、不思議と気持ちが通じ合えるようになります」

 (文・宮晶子、写真・圷真一)

<ふなと・あやこ> 千葉県出身。聖心女子大卒業後、スペイン・マニセス陶芸専門学校で学び、バレンシアに工房を構える。帰国後、全国各地で個展、タイル絵付け教室などを開催。10月6日まで東京都世田谷区で個展。詳細は公式サイトで。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by