東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

ジャズ喫茶「ちぐさ賞」受賞  和田さんが記念アルバム

発売された受賞記念のレコードとCDを手にする和田明さん=横浜市中区で

写真

 現存する日本最古のジャズ喫茶「ちぐさ」(横浜市中区野毛町)がプロデュースし、ジャズの新人を発掘して表彰する「第4回ちぐさ賞」に選ばれた男性ボーカリスト和田明さん(29)=川崎市宮前区=の受賞記念アルバムが発売された。

 和田さんは鹿児島市出身。黒人音楽に没頭し独学で歌を学び、二〇一二年から東京都内や横浜などでジャズ・シンガーとして活動している。昨年九月の選考会で、「甘く繊細でありながら圧倒的な迫力で幅広いジャンルを歌い上げる歌唱力」と評価され、同賞に輝いた。

 主催のジャズ専門レーベル「ちぐさレコード」は副賞として、「Akira Wada ESSENCE」のタイトルで受賞記念のアナログレコードとCDの二種類を制作した。

 発売記念ライブが九日、横浜・野毛の「ジャズ・スポット・ドルフィー」であり、和田さんはジャズセッションでスタンダードナンバーのバラード「スカイラーク」や軽快な「デイ・バイ・デイ」などの収録曲を歌い、会場を魅了した。

 和田さんのライブは二十四日に柏ナーディス(千葉県柏市)、五月五、二十五の両日にヴァーチュオーゾ赤坂(東京都港区)で開かれる。アルバムは税別でレコード三千三百円、CD二千二百円。問い合わせは、ジャズ喫茶ちぐさ=電045(315)2006=へ。 (野呂法夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報