東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

女子大生がつくる海の家 富山・朝日町の「ヒスイ海岸」

富山県朝日町のヒスイ海岸で3日間限定で開く「海の家」を紹介する昭和女子大の(左から)高橋和乃さん、新村瑠織さん、白数環奈さん、小野栞理さん=東京都千代田区で

写真

 昭和女子大(東京都世田谷区)の学生19人が、富山県朝日町のヒスイ海岸に、町と連携して「海の家」を開設する。8月4〜6日の3日間限定で、5、6両日は夜の海岸で映画上映もある。学生たちは「町と海岸の魅力を女子大生目線で発信します。関東の若い世代がたくさん来てほしい」と意気込む。 (榎本哲也)

 この学生たちは同大の有志団体「ガールズドリームファクトリー(GDF)」メンバー。大学生のビジネスコンテストで上位入賞した同大生が二〇一五年に結成。体験学習がきっかけで朝日町と交流が始まり、昨夏、初めて「海の家」を開設。二回目の今年は町と大学が連携協力協定を締結して取り組む。

 「朝日町は、たら汁やカニがおいしくて、人も優しい。ヒスイ海岸は透明度が高く、普通にヒスイの原石が落ちているんですよ」。GDFメンバーで一年生の高橋和乃さん(18)は魅力を語り、「なのに、東京で知られていないんです」。

 その町と海岸を首都圏の人に知ってもらい観光客を増やそうと、東京の女子大生である自分たちが運営する「海の家」を企画した。カレーなどの食事、地元菓子店とのコラボ商品などを販売。夜は海岸でナイトシアターを開設、五日は「モンスター・ホテル」、六日は「アニー」を上映する。

 運営資金は町の補助金や企業協賛金のほか、インターネットで小口の出資を募るクラウドファンディング(CF)も活用する。

 海の家は午前十時〜午後六時。ナイトシアターは同六〜九時、チケット千円、小学生以下無料。海の家の詳細やCF出資についてはホームページを参照、「昭和女子大ナイトシアター2017」で検索。観光の問い合わせは、朝日町商工観光課=電0765(83)1100=へ。 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報