東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

頼り合える社会テーマに講演会 横浜で27日、慶大教授

写真

 アベノミクスが目指す「成長」から「分配」へとかじを切る政策を唱える慶応大経済学部教授の井手英策さんを招いた講演会が二十七日午後六時半から、横浜市中区山下町のワークピア横浜で開かれる。

 演題は「分断の政治から共通の政治へ頼り合える社会をつくろう」。安倍政権は経済成長を前提に財政支出を拡大してきたが、井手さんは日本はすでに「成長しない社会」と指摘。消費税増税などにより大企業や資産家にも応分の負担を求め、子育てや教育、介護で困っている人に再分配して「自己負担」を減らし、格差が広がる「社会の分断」を終わらせ「頼り合える社会」へと政策転換することを提唱している。

 定員百三十人。参加費千円。参加希望者は氏名と連絡先、東京新聞読者と書いて、勁草塾横浜事務局にファクス=045(715)0770=で申し込む。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報